七戸町商工会

  • トップページ
  • 交通案内
  • お問い合せ
  • リンク集
  • 文字サイズ変更
  • 文字サイズ大きく
  • 文字サイズ標準
  • 文字サイズ小さく

ホーム > 経営情報 > 商工会推奨会計ソフト「ネットde記帳」のご紹介

商工会推奨会計ソフト「ネットde記帳」のご紹介

ネットde記帳は、インターネットを利用したASP(※)システムで、一般のソフトと同様、伝票入力や決算、各種申告書作成等が 【いつでも】【どこでも】【誰にでも】簡単に行える経理システムです。

現在、商工会が行う記帳機械化事業の標準システムとして、ネットde記帳は全国38県で導入され、多数の事業所様の経理データが商工会において代行処理されています。

 

ネットde記帳が変える経理業務

・ネットde記帳は、インターネットを利用して帳簿入力~電子申告まで出来る会計システム

・ネットde記帳で入力したデータ等は、商工会連合会が一元管理しているので、データの保護やセキュリティーも安心

・インターネットに接続できる環境があれば、いつでもどこでもすぐに利用可能

・安心してご利用いただくために、 サポート体制も万全

 

くわしくは全国商工会連合会「ネットde記帳」紹介ページをご参照ください。

https://www.shokokai.or.jp/kicho/


※ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)とは、インターネット回線を通じてソフトウェアをお貸しするサービスです。パソコン一台ずつソフトをインストールする必要がない上、バージョンアップやデータのバックアップなど、負担となる作業が不要なことも大きな利点です。

ページトップへ戻る

Copyright(C)2010,The Chamber of Commerce and Industrycombination meeting of Aomori Prefecture ,All rights reserved.