青森県商工会連合会

  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 文字サイズ変更
  • 文字サイズ大きく
  • 文字サイズ標準
  • 文字サイズ小さく

ホーム > 郷土料理 > けいらん(むつ市・旧川内町)

けいらん(むつ市・旧川内町)

もち米をこねて鶏の卵の形に丸め、中に小豆のあんを入れ、それを昆布としいたけのだしでとった汁で食べるもち料理。

だし汁とあんが絶妙な味

下北半島の川内では、稲刈りの終わった秋仕舞いになるとけいらんを作る。秋仕舞いには男どもが集まり、競ってけいらんを食べたという。形が鶏の卵に似ていることからこの名が付いた。秋仕舞いのほかに、精進料理として法事のときにも作られていた。見た目も上品で優雅な白いけいらんは、もち米とあん、だしとの絶妙な味わい。
けいらん けいらん

材料(10人分)

もち米1升 / 小豆4合 / 砂糖800g / 塩、醤油各少々 / だし昆布1枚 / 干ししいたけ3枚

調理手順

けいらん

(1). 一晩水に浸したもち米は乾かして粉にする。

(2). (1)に熱湯をひとまわりほど入れ、少量の水を加え、耳たぶくらいの固さになるまでこねる。

(3). 小豆と砂糖と塩であんを作る。平たくした(2)の中にあんを手早く包んでいく。

(4). (3)を鶏の卵の形にし、10分ほど蒸す。

(5). だし汁(昆布)としいたけの戻し汁をあわせ、醤油で味を整えておく。

(6). (5)の汁が入ったお椀に(4)を入れて食べる。

ページトップへ戻る

青森県青森市新町2-8-26 TEL:017-734-3394 FAX:017-773-7249

Copyright(C)2010,The Chamber of Commerce and Industrycombination meeting of Aomori Prefecture ,All rights reserved.