青森県商工会連合会

  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 文字サイズ変更
  • 文字サイズ大きく
  • 文字サイズ標準
  • 文字サイズ小さく

ホーム > 郷土料理 > つつけ(三戸郡三戸町)

つつけ(三戸郡三戸町)

かつて切ったそばは贅沢品と言われ、この「つつけ」が農家の主食でした。そばのつつけのほかに麦もあります。

味噌でアレンジ自在

そば粉に熱湯を加え粘りと弾力を出すのがポイント。また、ネギ味噌のほか、ニンニク味噌やジュネ(シソ科の植物、エゴマともいう)味噌なども美味しいですよ
つつけ つつけ

材料(4人分)

そば粉200g / 熱湯180cc / だし5カップ / 大根300g / 細竹100g / 豆腐1丁 / ネギ2本

ネギ味噌の材料

赤味噌100g / 酒大さじ2 / みりん小さじ1 / 砂糖小さじ1/2 / ネギのみじん切り1本分

調理手順

つつけ

(1). そば粉に熱湯を加えて手で握るようにして耳たぶぐらいの固さにこねる。

(2). 打ち粉(小麦粉)をふって3ミリの厚さに伸ばし7センチ角に切ってから更に三角形に切る。

(3). 大根は薄い輪切り又は半月切りにし、ねぎは斜め切り、細竹は皮を取り茹でておく。豆腐は食べやすい大きさに切る。

(4). ネギのみじん切りをすり鉢ですり、味噌と調味料を加えてネギ味噌を作る。

(5). 鍋にだしを入れて火にかけ、沸騰したら材料を入れる。

(6). そばはくっつかないように一枚ずつ混ぜながら入れる。浮き上がったらネギ味噌をつけて食べる。

ページトップへ戻る

青森県青森市新町2-8-26 TEL:017-734-3394 FAX:017-773-7249

Copyright(C)2010,Aomori Prefectural Federation of Societies of Commerce and Industry ,All rights reserved.