青森県商工会連合会

  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 文字サイズ変更
  • 文字サイズ大きく
  • 文字サイズ標準
  • 文字サイズ小さく

ホーム > 郷土料理 > 氷頭なます(三戸郡階上町)

氷頭なます(三戸郡階上町)

サケの頭を細かく刻み、千切りにした大根とみじん切りしたネギを混ぜて、鍋で炒めた正月料理。

正月に食べるサケのなます

八戸地方は農業と同様に漁業も盛んで、捕れた魚は刺し身やじゃっぱ汁、焼き魚、なますにして食べる。なますにする魚はイワシ、サメ、エイ、サケなど。特にサケは正月料理には欠かせない。氷頭というのはサケの頭のことで、なますには丸ごと使う。なますといっても酢は使わない。炒めるときに酒粕を水で溶き入れてもおいしい。
氷頭なます 氷頭なます

材料(4人分)

サケの頭 / サケの腹の部分1切れ / 大根1/2本 / 長ネギ1/2本 / 酒大さじ2 / 塩少々

調理手順

氷頭なます

(1). サケの頭は縦に割り、火であぶる。

(2). 大根は千切りにしてゆで、水洗いしておく。

(3). ネギはみじん切りにする。

(4). サケの頭を刻み、腹の部分も小骨を取りながらほぐして混ぜる。

(5). 鍋に(4)を入れ強火で1分ほど炒め、酒と塩を加え、さらに大根、ネギを入れて炒める。酒粕を溶かし入れると一層おいしくなる。

ページトップへ戻る

青森県青森市新町2-8-26 TEL:017-734-3394 FAX:017-773-7249

Copyright(C)2010,Aomori Prefectural Federation of Societies of Commerce and Industry ,All rights reserved.