青森県商工会連合会

  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 文字サイズ変更
  • 文字サイズ大きく
  • 文字サイズ標準
  • 文字サイズ小さく

ホーム > 郷土料理 > きんかもち(三戸郡三戸町)

きんかもち(三戸郡三戸町)

小麦粉をこねてもちにし、クルミ味噌をあんに入れたもの。クルミの歯ごたえと、とろっと溶け出る黒砂糖のあんがおいしい。

とろりとあんが流れ出るもち

三戸地方は畑作より稲作の方が多いが、ヤマセのため苦労してきた歴史があり、小麦の栽培にも力を入れてきた。小麦粉でもちや饅頭、はっとうなどを作るが、なかでも変り種でおいしいのがきんかもち。おやつによく作られるが、昔から盆の16日に仏壇に上げ仏様を供養する週間がある。クルミの歯ごたえととろりとしたあんがおいしい。
きんかもち きんかもち

材料(5人分) 

小麦粉1升 / 黒砂糖2kg / クルミ適量 / 塩、味噌各少々

調理手順

きんかもち

(1). 小麦粉に塩を加え、茶碗で2杯分くらいの熱湯を入れてまんべbbなくかき混ぜる。

(2). (1)を冷まして10回ほどこねる。(こね過ぎると固くなるので注意)

(3). 黒砂糖を少量の水で溶き、クルミと少量の味噌を入れ、あんを作る。

(4). こぶし大のもちを平らにし、あんを入れてゆでる。浮き上がってきたら、弱火にしてさらに2~3分ゆでる。

ページトップへ戻る

青森県青森市新町2-8-26 TEL:017-734-3394 FAX:017-773-7249

Copyright(C)2010,Aomori Prefectural Federation of Societies of Commerce and Industry ,All rights reserved.