青森県商工会連合会

  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 文字サイズ変更
  • 文字サイズ大きく
  • 文字サイズ標準
  • 文字サイズ小さく

ホーム > 郷土料理 > ひっつみ(八戸市)

ひっつみ(八戸市)

キンキンを煮た鍋に、小麦粉をこね、伸ばしてちぎり入れたもので、ご飯が足りない時に簡単に作れる料理。

キンキンの入ったすいとん

八戸地方や三戸地方では、寒い季節によく作られるのが小麦粉のこね物で、代表的なのがひっつみ。晩ご飯が足りない時の代用食。この地方の小麦は中力粉なのでなので弾力があり、ひっつみには丁度いい。ひっつみの具は地方や家で違いがあり、山間部では肉、海側では魚やカニを入れる。作るのが簡単で、喉越しのいい料理。
ひっつみ ひっつみ

材料(4人分)

小麦粉2カップ / キンキン2尾 / 高野豆腐2枚 / ネギ2本 / だし昆布1枚 / 塩、醤油、酒各少々

調理手順

ひっつみ

(1). 小麦粉に水2/3カップ入れ、なめらかになるまでこね、濡れ布巾をかけ30分以上おく。

(2). キンキンは2枚に下ろし、頭やアラもぶつ切りにする。

(3). ネギはななめ切りに、高野豆腐は薄切りにする。

(4). (2)を湯通し(しもふり程度)して、だし汁(昆布)に入れ、アクをとりながら煮る。

(5). 塩、醤油、酒少々を入れ、味付けする。

(6). (1)を薄く伸ばしながら鍋にちぎりい入れる。

(7). ネギと高野豆腐を入れて煮る。

ページトップへ戻る

青森県青森市新町2-8-26 TEL:017-734-3394 FAX:017-773-7249

Copyright(C)2010,Aomori Prefectural Federation of Societies of Commerce and Industry ,All rights reserved.