青森県商工会連合会

  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 文字サイズ変更
  • 文字サイズ大きく
  • 文字サイズ標準
  • 文字サイズ小さく

ホーム > 郷土料理 > 真鱈のこあえ(つがる市・旧木造町)

真鱈のこあえ(つがる市・旧木造町)

下味をつけて煮た大根、高野豆腐、ヤリイカ、にんじんをタラコで白い粉がふくように、きりっとあえた料理。

魚は貴重な食べ物だった

岩木山を中心とした津軽平野、穀倉地帯の北津軽郡木造町は、湿地を開墾して作った新田だ。こうした稲作地帯では、魚は貴重な食料だった。日本海で捕れた魚介類は「背負い子」と呼ばれた行商人によって運ばれていた。年の瀬を迎える頃、大きな鱈を買い、正月料理の準備をする。そのひとつ真鱈のこあえもごちそうだった。
真鱈のこあえ 真鱈のこあえ

材料(5人分)

生鱈の子半腹 / 高野豆腐6個 / ヤリイカ1パイ / にんじん2本 / 大根1/2本 / ネギ2本 / 醤油1/3カップ / 酒1/3カップ / 砂糖少々

調理手順

真鱈のこあえ

(1). 高野豆腐はぬるま湯でもどし、水気をしっかり切る。

(2). 大根、にんじんは千切りにし、酒、醤油、砂糖で煮る。

(3). タラコを縦横十字に切り、細かく切ったイカと一緒に強火で炒る。

(4). (2)と(3)とを混ぜ合わせ、味が整ったらさらに高野豆腐を入れ、最後にきざんだネギを入れ、冷ます。

ページトップへ戻る

青森県青森市新町2-8-26 TEL:017-734-3394 FAX:017-773-7249

Copyright(C)2010,The Chamber of Commerce and Industrycombination meeting of Aomori Prefecture ,All rights reserved.