青森県商工会連合会

  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 文字サイズ変更
  • 文字サイズ大きく
  • 文字サイズ標準
  • 文字サイズ小さく

ホーム > 郷土料理 > けの汁(青森市)

けの汁(青森市)

大根やさまざまな山菜、凍豆腐、油揚げなどを細かくきざんで煮、味噌で味をつけておき、小正月から少しずつ食べる料理。

米に見立てたかゆの汁

1月16日の小正月は女たちが家事から開放される日。この日はどこの家でもけの汁が作られ、1年の無病息災を祈り食べられたもの。けの汁は、かゆの汁のこと。米が貴重だった昔、山菜や野菜を米に見立て細かくきざんで食べたのが始まり。鍋が大きいほど、日が経てば経つほど味がしみておいしくなる。少しずつ小さな鍋にとり温めなおして食べるのだ。
けの汁 けの汁

材料

コンニャク / にんじん / ごぼう / 大根 / ぜんまい / ワラビ / フキ / 凍豆腐 / 油揚げ / 金時豆 ※各種適量(きざんだときに同量になるように) 味噌適量 / だし昆布 / 焼きにぼし

調理手順

けの汁

(1). 金時豆以外の材料はさいの目に切る。

(2). 昆布でだしをとり、さらに焼きにぼしでだしをとる。

(3). 大根と金時豆はそれぞれ煮ておく。

(4). だし汁ににんじん、ごぼう入れひと煮立ちさせてから(3)と残りの材料を入れ、味噌で味付けをする。

ページトップへ戻る

青森県青森市新町2-8-26 TEL:017-734-3394 FAX:017-773-7249

Copyright(C)2010,Aomori Prefectural Federation of Societies of Commerce and Industry ,All rights reserved.