青森県商工会連合会

  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 文字サイズ変更
  • 文字サイズ大きく
  • 文字サイズ標準
  • 文字サイズ小さく

ホーム > 郷土料理 > 鱈のじゃっぱ汁(東津軽郡外ヶ浜町・旧平舘村)

鱈のじゃっぱ汁(東津軽郡外ヶ浜町・旧平舘村)

鱈を頭、内臓、身に分け、大根、白菜、コンニャク、豆腐などと煮、味噌で味付けした汁で冬の浜料理のひとつ。

納屋で料理されたじゃっぱ汁

鱈は青森を代表する冬の魚。正月は俗に鱈正月と呼ばれ、大きな鱈を一匹丸ごと買って正月料理一式を用意する。鱈が大漁の時は、浜で待つ女たちがお祝いに鱈のじゃっぱ汁を作ったものだった。浜で鱈をさばき、納屋で自家製の味噌で料理する。雪のちらつく寒い夜などには、身体が芯からあったまりこたえられない冬の料理。
鱈のじゃっぱ汁 鱈のじゃっぱ汁

材料(5人分)

鱈1尾 / 大根1/2本 / 白菜1個 / コンニャク4枚 / 豆腐2丁 / ネギ2本 / 味噌適量

調理手順

鱈のじゃっぱ汁

(1). 大根は薄く切り、煮る。

(2). 大根がやわらかくなったら、薄く切ったコンニャクと大きめに切った白菜を(1)に入れる。

(3). 味噌を入れ味を整える。

(4). 鱈を頭、内臓、身に分け、ぶつ切りにして(3)に入れる。

(5). 煮立ってきたら、薄切りにした豆腐と長めに切ったネギを入れる。

ページトップへ戻る

青森県青森市新町2-8-26 TEL:017-734-3394 FAX:017-773-7249

Copyright(C)2010,The Chamber of Commerce and Industrycombination meeting of Aomori Prefecture ,All rights reserved.